• 家の中に羽アリが発生して駆除をしたいけど、どうしたら良いのか?
  • 大量のスプレーで何度も駆除をしているけど羽アリが止まらない
  • 羽アリのシロアリを駆除する方法を知りたい
  • このページでは、シロアリの羽アリの発生でお困りの方が、羽アリの悩みから解放されることができるように羽アリ発生の原因と駆除の方法・対策についてお教えます。

    四コマ漫画_羽アリ大量発生
    専門スタッフによる無料相談
    しろありの窓口とは?
    シロアリの窓口は第三者機関です。です。
    羽アリ発生でお急ぎの方は
    0120-905-655
    ※スマホの方は番号をタップすると通話できます。

     

    羽アリが発生する原因

    羽アリを駆除する為には、まず羽アリについて知っておかなければいけません。
    そもそもシロアリの羽アリは、何故、家の中で発生するのでしょうか?

    シロアリの羽アリとは何なのか?

    はじめに、シロアリの羽アリとは何かを説明します。

    シロアリはある時期になると繁殖のために羽を生やして飛び立つ

    黒羽アリ群飛

    ヤマトシロアリの羽アリ(3月~5月)

    茶色い羽アリ

    イエシロアリの羽アリ(5月~7月)

    シロアリは、数万匹以上の大家族で生きており、巣の規模がある程度大きくなると巣別れをします。1年のある時期になると、新たな場所で家族を築いて生殖活動を行うために一部のシロアリは羽を生やして飛び立つのです。これは、結婚飛行(群飛)とも言われるもので、羽アリとなって飛び立つ時期はシロアリの種類によって異なります。

    シロアリの羽アリの特徴

    羽アリ駆除業者の見分け方
    羽アリは、シロアリだけでなく、クロアリの場合があります。

    羽アリが発生した時は、まずはシロアリかクロアリかを確認しましょう。
    図のように、クロアリの羽アリは、前後の羽の大きさが違い、胴体にクビレがありますが、

    シロアリの羽アリは、
    「前後の羽の大きさが同じ」
    「胴体が寸胴」
    「触角が数珠状」
    そして、「羽を落とす」特徴があります。

    後で詳しく説明しますが、
    羽アリがシロアリの場合は、完全駆除が必要です。シロアリ駆除に失敗をすると家の損害が大きくなることがあるため、自分で対処するのはお勧めしません。
    しかし、羽アリがクロアリの場合は、仮に駆除を失敗しても家の損害はないため、
    予算をかけたくない方はまずは自分で対処してみるのもよいかと思います。

    以下は、シロアリの羽アリ駆除についての説明です。

    羽アリが家の中から発生する2つの原因

    家の中で羽アリが発生する原因は2つあります。

    (1)家の外から飛んできた

    羽アリは、近所の家や樹木などが発生の原因で飛んできて、窓のサッシの隙間等から家の中に侵入をしてきます3月頃~5月のゴールデンウィーク辺りまで黒色のヤマトシロアリの羽アリが日中に飛び立ちます。5月下旬頃~梅雨明けくらいまでの夕刻には茶色いイエシロアリの羽アリが飛び立ちます。
    特に、梅雨の夕刻頃に飛び立つ羽アリは夜間に家から漏れる光に集まってくるため家の中に侵入をしてくることが多くあります。

    ※北陸地域ではゴールデンウィーク明け頃から、東北や北海道の一部地域では5月下旬頃から6月にかけて黒色のヤマトシロアリの羽アリが飛来します。

    (2)シロアリ被害が原因で家の中から羽アリが発生している

    ベタ基礎蟻道

    シロアリの侵入事例(蟻道)

    羽アリが出る原因を調べる

    床下のシロアリ被害写真

    写真は、シロアリが地中から床下に通り道を作って家の中に侵入し、土台や柱などを餌場にして繁殖しているケースです。
    一般的に、シロアリ被害が原因で家の中から羽アリが発生している場合は、大量の数の羽アリがみられます。
    ※羽アリが大量に発生している場合は、原因がシロアリによる被害の可能性が高い為、早期に適切な対応が必要です。

    四コマ漫画_羽アリ大量発生
    専門スタッフによる無料相談
    しろありの窓口とは?

    羽アリ駆除スプレーで羽アリが止まらない理由

    家の中から羽アリが発生したら、まず条件反射でやってしまうことは殺虫剤です。
    しかし、殺虫スプレーを撒いて、羽アリが出てこなくなって、安心してたら、他の場所から一斉に出てくる・・この繰り返しでないでしょうか

    何故、殺虫スプレーで羽アリの発生が止まらないのでしょうか。

    羽アリ駆除剤では羽アリ(シロアリ)が駆除できない3つの理由

    羽アリ駆除剤、殺虫スプレーをいくら散布してもシロアリの羽アリが駆除できない理由は次の3つです。

    (1)シロアリが社会性のある生き物だから

    シロアリの社会性
    シロアリは単独では生きていません。シロアリのコロニー(巣)には生殖活動に専念する女王・王アリを中心として、兵蟻、職蟻、ニンフなどに階級化されており、集団で生活しています。1つのシロアリコロニーの構成員の数は、ヤマトシロアリで2~3万個体、イエシロアリでは100万個体に達するとも言われています。

    (2)家は地面と基礎等が接して柱や土台・壁等で組み立てられているから

    羽アリの駆除
    シロアリは地面から建物に侵入してくることがほとんどであり、基礎や束などの建物の立ち上がりに蟻道(ギドウ)と呼ばれる土や糞を盛って作ったトンネル状の通り道を作って侵入をしてきます。シロアリは、一度、土台などの木材に達すると、柱・土台・大引きなどの木材の表面や中をつたって360度の方向を行き来でき、種類によっては天井裏まで被害が及ぶこともあります。シロアリのコロニーの数は数万~数十万匹に及びますので、当然、建物敷地内には複数の侵入経路がある場合も多くあります。

    (3)市販殺虫剤は忌避剤であるから

    殺虫剤

    市販殺虫剤は忌避成分が使用されているため、直接薬剤の成分に触れたシロアリにしか殺虫効果を及ぼすことができません。

    羽アリが飛び立つのは、ほとんどの場合で、ある程度の巣の規模に成長して巣別れを行うケースです。つまり、家の中には以前からシロアリが侵入しており、数年間家の中にシロアリの通り道が家の作られているのです。特に忌避成分の市販殺虫剤では、その場のシロアリにしか効果がありません。シロアリがどこから侵入しているのか、どのように道を作っているのか、わからなければ、生き残りの白蟻がそこを避けて、新たな道を作ってしまします。行き当たりばったりで羽アリが出てきているところだけ殺虫剤を撒いても、逆に、被害範囲が広がってしまうのです。

    自分でシロアリの羽アリを駆除する方法

    それでは、シロアリの羽アリを駆除するにはどうすれば良いのでしょうか。

    ・殺虫スプレーを撒く?
    ・バルサンをたく?
    ・熱湯をかける?

    上記は、外から飛んできた羽アリには効果はありますが、
    家の中から羽アリが発生している羽アリには逆効果になる可能性が高いです。

    羽アリが家の中から発生している場合は、原因を除く必要があります。

    初めに発生原因についてお伝えした通り、羽アリは、一部のシロアリが新たな場所で繁殖をするために羽を生やして飛んでいます。
    したがって、発生原因が家の中に侵入したシロアリの場合は、家の中のシロアリを完全に駆除する必要があります。

    シロアリ駆除は、シロアリの生態だけでなく建物や薬剤の知識や現場経験が必要で、普通の方が自分でシロアリを駆除を成功させることは難しいです。
    しかし、自分でできるなら・・という方も多くいらっしゃいます。シロアリ駆除は失敗をすると被害が拡大することがあるため、自分でシロアリの羽アリ駆除ができるのか判断できるように、専門家が行う羽アリ駆除の流れをお教えします。

    羽アリを駆除するまでの4つの準備

    自分で羽アリを駆除する方法
    羽アリ駆除には準備が重要です。
    実際に駆除作業を行う前の準備ができなければシロアリの羽アリ駆除はできません。
    シロアリの羽アリ駆除には4つの準備があります。

    (1)家の造りを把握する

    羽アリ駆除を自分でするには
    床下から処理ができないところはどこなのか、確認できないところはないかなどを把握します。

    (2)侵入経路を特定する

    風呂場の羽アリ調査

    シロアリの侵入経路を特定する必要があります。

    侵入経路の特定のためには床下に入る必要があります。シロアリはほとんどの場合が、地中から基礎の立ち上がりなどに通り道を作って上がってくるからです。

    (3)家に侵入しているシロアリの種類を特定する

    天井裏に分巣

    イエシロアリの分巣

    シロアリ駆除は、建物の構造や状況の他にも、侵入しているシロアリの種類によって駆除方法が変わるため、家に侵入しているシロアリの種類を特定する必要があります。シロアリは種類によって生態の特徴が異なるのです。

    羽アリの種類は群飛時期や色で区別できますが、家に侵入しているシロアリは家の中で見た羽アリの種類の白蟻とは限りません。
    家の中で見た羽アリは飛来してきた羽アリで、家に侵入しているシロアリは他のシロアリの種類ということがあります。また、2種類の白蟻が侵入しているケースもあります。家の中で見た羽アリのシロアリの種類ではなく、「家に侵入してるシロアリは何なのか」に注意しましょう。

    (4)被害範囲を把握する

    天井裏シロアリ調査蟻道

    シロアリの種類と侵入経路を特定したら被害の範囲を想定し把握します。

    POINT

    □シロアリの侵入経路はどこか、
    □シロアリの種類はなにか
    □床下から確認・作業できない場所はないか
    □被害の範囲はどれくらいか

    自分で駆除を考えている方は、駆除を行う前に、以上の4つを確認しましょう。
    ※駆除作業に入る前の4つの現状把握が自分でできない場合は、専門の業者に相談してください。
    (当社でも無料相談を受けておりますので安心してください。)

    シロアリを駆除する

    シロアリ駆除
    シロアリを駆除するために「シロアリの種類」「侵入経路」「被害範囲」「家の構造」の4つをチェックして全体の状況が把握ができたら、どのように駆除を行うのかの計画を立て、機材と薬剤を購入して実際に駆除を行います。

    ヤマトシロアリを駆除する

    木部処理
    ヤマトシロアリは職蟻による階級分化能力から少数の個体の生き残りでもコロニーを再生する力があり、加害場所自体が営巣とも言われます。従って、加害場所を特定した細かな処理が必要となります。木工ドリルで土台や柱などを穿孔をして薬剤を注入していきます。

    イエシロアリを駆除する

    ベイト工法
    固定の巣を持つイエシロアリは、コロニーの駆除を行うことが一番望ましいため、ベイト工法による駆除をお勧めです。
    但し、イエシロアリ被害の場合は、シロアリの食害スピードが非常に速く、加害する範囲が広い為、安易な対処が被害を拡大させる他、その後の駆除に影響することがあります。
    特に、茶色い羽アリのイエシロアリの発生の場合は、自分で駆除を行うのではなく、専門業者に依頼することをお勧めします。

    ※シロアリ駆除は、シロアリの種類によって駆除の方法が変わります。トラブル多いです。
    【実例:最大手WEB仲介業者を利用した被害者の相談

    羽アリ発生でお困りの方へ

    家の中で大量に発生している羽アリの原因が建物のシロアリ被害による場合、
    シロアリは数万~数十万匹の個体から成る社会性のある生き物であるため、羽アリが発生している場所に殺虫剤を撒いても被害が拡大してしまうことをお伝えしました。
    また、羽アリの発生を解決するためにシロアリを駆除するには、その前段階として、全体の状況を把握する必要があります。具体的には、「シロアリの種類」「侵入経路」「被害範囲」「家の構造」の4つです。そして、どのようにシロアリを駆除するのかを検討しなければいけません。行き当たりばったりの処理では、被害は拡大してしまいますので、まずは、どこからシロアリが侵入しているのかなどを調べることから始める必要があるのです。
    これらは駆除を行う前段階ことです。従いまして、もしも自分でシロアリ被害の状況を把握することができない場合は、自分で駆除を試みることはお勧めできません。

    羽アリ発生の方へのサポート

    サポート
    当サイトではシロアリ駆除経験が豊富なスタッフが常駐しています。公正中立な立場でお悩みをお聞きし、羽アリの発生でお困りの方のシロアリ駆除業者選びを無料でサポートしていますので、お気軽にご相談ください。
    しろありの窓口とは

    シロアリ調査・見積もりの相談は
    0120-905-655
    ※スマホの方は番号をタップすると通話できます。

    しろありの窓口について

    インターネットでシロアリ業者に見積もりを依頼する前に

    シロアリの専門業者にシロアリ調査や見積もりを依頼する前に、シロアリ駆除についてある程度知っておくと良いでしょう。
    何故なら、シロアリ駆除の業者は良心的な業者だけでなく、残念ながら中には悪質な業者もいます。無知をいいことに不必要な工事を勧められるかもしれないからです。
    ある程度の知識があれば、数社見積もりをとってもどこが自分にとって良い業者なのかの判断ができるはずです。後悔しないためにも、ある程度のことは知っておくと良いでしょう。

    格安料金広告や口コミ・おすすめサイトに注意!
    様々な白蟻業者

    特に、シロアリ業者に見積もりを依頼する際に注意することは、インターネット上に溢れている仲介業者による格安料金広告と宣伝代行業者による口コミ・業者比較ランキングサイトです。
    仲介業者とは広告と受付のみのWEB集客に特化した業者で工事に責任はありません。実際の契約当事者である見積もりに来るシロアリ業者は格安料金の中から高額な手数料を仲介業者に支払う為、現実的に健全なサービスの提供が難しくなります。健全な優良業者であるほど採算のとれない仕事は断りますので、必然的に紹介される業者の質・役務の提供に影響が生じます。結果、薬剤の希釈倍率の大きさに起因した再発事故、業者の廃業により保証が受けれない、追加販売を前提とした業者本位の営業で必要性の低い商品を売られるなどのリスクが高くなります。WEB上に溢れているシロアリ業者を装う仲介業者は、加盟する施工店のシロアリ防除業務の妥当性を判断する為の知識経験がないことに加えて自らの紹介業務に一切の責任を負わないため、様々なリスクもあることも知っておきましょう。そして、それらを代行して宣伝している口コミや業者比較サイトにも注意し、自らが誰と契約して誰が責任をとるのかを意識して業者を選びましょう。
    【実例:最大手WEB仲介業者を利用した被害者の相談
    【参考:シロアリ業者の選び方

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でしろありの窓口をフォローしよう!