インターネット上には格安な料金を謳ったホームページで集客(受付)だけを行い、実際の調査・見積もりや施工は、地場の業者に丸投げするだけのブローカー業者が溢れています。

しかしながら、目に見えてわかる修繕工事等とは違い、シロアリ工事は目に見えない場所で実態の分かりにくい作業であり、専門でないと業務の妥当性の判断が困難です。このようなことから悪質な業者によるトラブルの多い業界でもあります。

今回は、近年、急速に増え続けているブローカー業者が運営するシロアリ駆除業者の紹介サービスを利用するリスク・トラブルについて説明します。

【実例:最大手WEB仲介業者を利用した被害者の相談

シロアリ評判110番

ブローカー業者の格安なシロアリ駆除とは何なのか?

ブローカー業者が運営する「格安なシロアリ駆除」の仕組み

シロアリ業者であれば、シロアリ駆除を行った工事代金で会社が成り立っています。
ブローカー業者が運営する格安なシロアリ駆除はどのような仕組みで成り立っているのでしょうか?

業務内容は「広告」と「受付」だけでシロアリ業者への「取次」である

ブローカー業者はインターネット上で広告を行い、問い合わせがあった場合に近くのシロアリ業者に取次ぎ対応を依頼します。
シロアリ以外にもさまざまなジャンルの広告をしていることが多く、WEB申し込みに限定している場合から24時間のコールセンター型などがあります。

工事が成約の場合に施工店から手数料をもらう

ブローカー業者は、工事成約の場合にはシロアリ業者から紹介手数料を受け取ることで成り立っています。
工事代金の30%~40%が一般的です。広告の頻度、コールセンターの人件費など運営にかかる費用が大きくなるほどサイト運営者はシロアリ業者に対して高い手数料を請求する必要がでます。

広告主のブローカー業者に工事・保証の責任はない

「格安なシロアリ駆除で5年保証」とあっても広告主が5年保証をするわけではありません。
実際に工事請負契約をするのは紹介をされたシロアリ業者です。
請負は工事に責任が生じますが、紹介は工事責任がありません。

ブローカー業者の宣伝方法

格安広告である

ブローカー業者の立場からすると、できるだけ多くの集客をして加盟店から多くの手数料をもられば会社の利益は増えていきます。そこで沢山の問い合わせを得ようとしますが、シロアリ業者ではないブローカー業者は実際の施工実績はありませんので、安い広告でしか消費者を惹きつけることができません。しかし、紹介先の施工店の質、健全なサービスの提供やシロアリ業者の経営が成り立つ料金帯なのかということは別の話です。

口コミ対策や比較サイトなどの情報工作で評価を吊り上げる

インターネット上に良い情報が沢山あれば問い合わせも増えて業者からの紹介手数料(利益)も増大します。そこで、インターネットには代行業者による口コミや業者ランキングなどによって自社のサービスの評価を吊り上げる宣伝が溢れています。自社の利益のためには消費者の公正な判断を阻害する悪質な宣伝手法も関係ないという考え方です。
シロアリ駆除業者の評判・口コミサイトについてはこちらを参考にしてください。

無数にサイトを複製したスパム行為を行う

検索エンジンで上位表示されるように対策した情報サイトを大量に複製をして自社サービスを露出させる手法を使っているブローカーもいます。消費者がインターネットの多様な情報からシロアリ業者を選ぶ権利を阻害するスパム行為も自社利益のためなら関係ありません。

ブローカーだけどシロアリ駆除のブログもやっている

最近はシロアリ業者であるかのように錯覚させるためにシロアリ駆除の情報サイトやブログも作っています。検索エンジンの対策が行われていることもあり、上位にランキングしています。

ブローカー業者を利用するトラブル・リスクについて

ブローカー業者は、シロアリ工事とは無縁であることと、安い料金設定で高い手数料を請求する商売であることが特徴です。
シロアリ防除工事が目に見えないところでの作業で、分かりにくいこともあり、大々的なネット広告を行って急速に成長したブローカーも存在します。
実は、ブローカーの2つの特徴「工事とは無縁」「低料金高手数料」は様々なトラブルやリスクが生まれる原因となっています。

ブローカー業者の運営サイトを利用する5つのリスク

シロアリに精通していない業者もいる

ブローカー業者はシロアリ防除工事の知識と経験がないため、シロアリ防除施工の妥当性の判断ができません。その為、シロアリに精通した業者でなくてもシロアリ駆除業者として業者登録して仕事を紹介してもらうことができます。
シロアリの専門でない業者が行う駆除や予防工事は当然専門業者と比べて再発事故の可能性が高くなります。
「シロアリ対策協会の指定工法を採用」という宣伝文句を見ますが、これは統一性があり工事の品質が高いように錯覚させるために(公社)日本シロアリ対策協会の威厳を利用しているだけです。
指定工法と謳っている協会が発行している仕様書は、「協会が認定した薬剤を用いて土壌と木部の2段階で薬剤の障壁を作り建物をシロアリから守る考え方」であり、実際は物件によって構造や被害の状況などは違うため施工内容を統一することはできません。つまり、業者によって工事の内容は違うということです。素人でも指定工法を採用することができますが、シロアリを駆除できるかは別なのです。

保証の実現性のリスク

ブローカー業者経由での仕事は、格安な料金設定で高い紹介手数料が発生するので、シロアリ業者にとっては採算性が低いのが特徴です。
ブローカー業者への紹介手数料は工事代金の30%~40%くらいと言われています。これは相場に対してではなく、多くは最安の料金帯から高い手数料を支払っています、当然アフター保証まで考えると採算はとれません。
このような採算のとれない仕事を業績の良い優良施工店は受けないので、必然的にブローカー業者の加盟店は仕事の少ないシロアリ業者に偏ってしまいます。採算がとれない仕事ばかりだとシロアリ業者は存続することができません。
注意しないといけないのは、保証を行うのは広告主ではなく、工事を行ったシロアリ業者ということです。

確実にシロアリの保証を受けるために注意することはこちらを参考にしてください。

悪意のある業者が加盟店に紛れていることがある

ブローカー業者経由での仕事はシロアリ業者にとって極めて採算性が低いのですが、
初めに安く工事を請け負っても、後から追加販売の営業を行って利益を作ることができます。
悪意のある業者は、ブローカー業者から顧客を紹介してもらい、工事中や工事後、アフター点検時に様々な商品の営業を行うことを想定しています。売上に行き詰まると突然やってきて床下換気扇などの商品を勧めてくることがあります。
特に悪質な業者になると、天井裏に入ってイタチが侵入したような痕跡を捏造し、雑菌消毒や断熱材の取り替えなどを勧めてくる業者もいます。

このような悪徳業者の実態やシロアリ業界の問題をブローカー業者は把握していません。
また、シロアリ業者の業務の妥当性の判断ができないため、施工店の問題を自らで認識・把握することができません。
大々的なクレームにならない限りは、「優良施工店」として「積極的に悪徳業者を市場に送り込む」ことなっています。

必然的にアフターサービスの質は落とさないといけない

旅行代理店や呉服店が突然倒産して社会に多大な迷惑をかけた事件がありましたが、
破綻するビジネスモデルは、「無理な料金設定やサービス」であることが特徴です。
低料金で高い手数料を引かれるブローカー経由での仕事はアフターに必要な経費の捻出は難しくなります。
現実的に、健全に業務を行うのであれば、アフターサービスの質は落とさなければいけません。
低料金で充実したアフターサービスの場合には「実現可能性」や「悪意のある業者」に注意が必要なのです。

必要性の低い商品を勧められる可能性がある

ブローカー業者経由での仕事は、シロアリ業者にとって採算性が低く、5年間を総じてみると採算がとることが難しくなります。
その為、利益を補填するために、工事の後や、アフター点検の際に、床下換気扇などの商品を勧められる可能性があります。

良心的なシロアリ業者と出会えても良い付き合いが難しくなる

安心して任せれる良心的な業者と出会えたら、色々と相談をして他の工事も頼みたくなるものです。
しかし、一般的に、シロアリ業者はブローカー業者からの紹介された顧客に対して生じる工事についてはすべて高い紹介手数料が発生してしまいます。
その為、シロアリ業者への直接の問い合わせであればできることも、初めにブローカー業者を介してしまったために引き受けれない工事も出てきます。
お互いの信頼関係ができても、以後、永久にブローカー業者に対する高い手数料が発生するため、良心のあるシロアリ業者はうまく付き合っていけなくなるのです。
依頼者とブローカー業者の接点は最初の受付だけです。

シロアリ評判110番

まとめ

シロアリ駆除は業務の特性から専門知識がなければ妥当性の判断が難しいため、ブローカー業者経由での業者には悪質な業者が紛れている可能性があり、大きなクレームとなるまでは優良施工店として紹介させることをお伝えしました。
また、目に見えてわかる修繕工事等とは違いシロアリ駆除では施工後の保証やアフターが重要ですが、施工後の保証などの責任はブローカー業者ではなくシロアリ業者です。
ところが、シロアリ業者にとってブローカー業者経由での仕事はアフターを含めると利益の確保が難しいため、「悪質な営業」や「倒産による保証がされないリスク」が生じてしまいます。
そして、良心的なシロアリ業者と出会えても、双方がメリットがあるような良い付き合いが難しくなるということがあります。

ブローカー業者の格安なシロアリ駆除の広告は、これらを理解した上で利用しましょう。

【実例:最大手WEB仲介業者を利用した被害者の相談

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしろありの窓口をフォローしよう!