「羽アリ」と「シロアリ」

両者は名前は違いますが、「羽アリはシロアリ」なのです。

シロアリは、巣がある程度成長したり巣の危険を感じると
一部のシロアリが羽を生やして羽アリとなって飛び立ちます。

このページでは、羽アリとシロアリの関係が理解できるように説明をします。

「羽アリ」と「シロアリ」の関係

羽アリの正体

羽アリとは?

「羽アリ」とは、羽のついたアリの総称です。

例えば、
羽アリにも、シロアリの羽アリとクロアリの羽アリがいます。

シロアリの羽アリには、ヤマトシロアリの羽アリやイエシロアリの羽アリ、アメリカカンザイシロアリの羽アリなど
クロアリの羽アリには、クロヤマアリ、トビイロケアリ、トビイロシワアリなど様々な種類があり、

私たちは、これらを総称して「羽アリ」と呼んでいます。

羽アリ
上のイラストのように、シロアリの羽アリとクロアリの羽アリは見た目が違います。

シロアリの羽アリは

胴体が寸胴で前後4枚の羽の大きさが同じです。

また、陸に降りた後は、簡単に羽が落ちます。

シロアリの社会性と生活環

シロアリの社会性
シロアリは、巣の中心にいる王・女王を中心にして集団で生活をしています。
その数は、シロアリの種類によっても変わりますが、イエシロアリになると100万匹を超えることがあります。

シロアリ
シロアリの生態

シロアリの巣の中心では生殖階級の王・女王が常に産卵活動を行っています。
職蟻階級(働きアリ)は、餌の採取や、王や女王の身の回りの世話をしています。
兵蟻は、職蟻の監視や、外敵から巣を守るために、偵察や時には身を捨てて外敵と戦います。

シロアリは生まれながらにそれぞれの役割があって、大家族で生活をしているのです。

子供が増えて巣の規模が大きくなると、ニンフ階級(女王・王になれる階級)のシロアリは羽を生やし、新しい場所で繁殖をするために一斉に飛び立ちます。

そして、オスとメスがカップルになって、繁殖に適した場所にたどり着くと、やがて新しい大家族が誕生します。

つまり、
「羽アリはシロアリ」であって、将来の王・女王となることができるシロアリなのです。

羽アリはシロアリかも

さいごに

羽アリとシロアリの関係、
羽アリはシロアリであることは理解できましたか?

シロアリは、何万匹以上の大家族で、生殖階級である女王・王を中心として、職蟻や兵蟻のそれぞれが役割を持って生活をしています。
やがて、巣が成長するとニンフと呼ばれる女王・王となれる階級のシロアリが羽を生やして、新しい場所で繁殖をしようと飛び立ち、新たな巣が形成されます。

このように羽アリは、シロアリの生活環では重要な役割を担っていることがわかります。

羽アリとは、総称で
シロアリとクロアリが巣別れの時期に羽を生やして飛ぶ「女王や王」となれる種類なのです。

※羽アリが大量に発生している場合は、シロアリによる被害が疑われます。早期の対策をお勧めします。
参考:羽アリ大量発生の原因と駆除方法

四コマ漫画_羽アリ大量発生
専門スタッフによる無料相談
しろありの窓口とは?
シロアリの窓口は第三者機関です。です。
羽アリ発生でお急ぎの方は
0120-905-655
※スマホの方は番号をタップすると通話できます。

 

※シロアリ業者選びはネットの口コミや仲介業者に注意しましょう。詳しくはコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしろありの窓口をフォローしよう!