先日、長崎県の五島市に行ってきました。
といっても、今日は仕事ではなくプライベートで、
関西の旧友が、しばらく五島市に滞在するとのことで、会いにいってきました。

行きは、博多港からフェリーを利用しました。
夜中、博多港からフェリーで出ると、朝の8時頃に終点の五島福江港に着きます。
福江港まで友人が、車で迎えに来てくれたのですが、
到着してから少し時間があったので、
港の中にある立ち食いうどん屋に寄りました。

このうどん屋さんが美味しい!!
実は、失礼ながら
港の中のうどん屋と見くびっていたのですが、
美味しさにびっくりしました。

五島はうどんが名物だったんですね!

五島市ではキリスト教会を観光してきましたが、

あ、、この建物はシロアリが危ないな・・たぶんここはイエシロアリだろうと
どうしても、シロアリが気になってしまいます(笑)

でも、よく見てみると、
セントリコン(ベイト工法)という
建物の周りに餌木を埋めたステーションが設置されており、シロアリ対策がされていて安心しました。

シロアリ被害に遭うと、建物の寿命に影響をしてしまいます。
歴史的な文化財とされる建物が後世へ受け継がれるためには、シロアリ対策は重要な役割を担っています。

五島市は海がとても綺麗でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしろありの窓口をフォローしよう!