相談内容:黒い羽のついた虫が大量に発生している。ネットで調べたらシロアリのようなので、調査と見積もりをお願いしたい。

下関市K邸シロアリ調査写真
ご相談者様はかなり慌てられてお電話をされてこられました。
できるだけ早く訪問はさせて頂いたのですが、羽アリの時期はどこのシロアリ業者も忙しいため、少しだけお待ち頂きました。
ご相談者様はホームセンターで殺虫スプレーを購入して羽アリがでてきている隙間にふりかけていたようですが、
シロアリが警戒して駆除が長引いてしまったり被害が拡大する場合があるので、訪問までの間殺虫スプレーはお控えいただくようにご協力をお願いしました。
調査員が到着すると、写真のように発生場所の孔をガムテープで塞がれていました。

下関市K邸シロアリ調査写真
こちらゴキブリホイホイの粘着テープですが、羽アリがくっついています。
この羽アリはヤマトシロアリの羽アリです。
黒蟻の場合は胴体がくびれていて、前後の羽の大きさが違うのですが、
シロアリは、寸胴で、前後の羽の大きさが同じです。
駆除を行うためには、このシロアリの侵入経路と被害範囲を特定しなければいけません。
シロアリは地中から基礎などに通り道を作って建物に上がってくるため、床下に入って調査する必要があります。

下関市K邸シロアリ調査写真
床下に入ると、シロアリの被害を確認しました。
調査時にはトイレ・洗面所下は基礎で囲われていて確認できませんでしたが、トイレ・洗面所のどちらからからシロアリが侵入しているのがわかります。

下関市K邸トイレ下

工事のご依頼を頂き、床を開口してトイレ下の確認を行いました。

下関市K邸トイレ下
下関市K邸トイレ下
トイレ下からシロアリが侵入をして、トイレ下がシロアリにとっての楽園であったのがわかります。
水漏れもしていたので設備屋さんと同時に施工を行いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしろありの窓口をフォローしよう!