相談内容:羽アリの発生したがどうしたらよい?

北九州市八幡西区でこの数日間、茶色い羽のついた虫が家の中から発生しているようなのでどうしたら良いかとのご相談の電話がありました。
羽アリは外から侵入するケースと家の中から発生するケースがあります。
家の外から飛来してきた場合は建物に問題はありませんが、家の中から羽アリが発生している場合は早急な駆除が必要です。
しかし、ご自身で市販殺虫剤などを発生個所に散布するとかえって被害が拡大する可能性がありますので、専門の調査スタッフが来るまで、そのままの状態にするようお伝えしました。

侵入経路の確認と駆除方法の検討のために調査にお伺いすることにしました。

シロアリ調査の実施

ご自宅にお伺いし、羽アリが発生したときの状況を再度お聞きしました。
茶色い羽のついた虫で、発生場所は台所の上の息子様の寝室から発生している気がするとおっしゃられていました。
梅雨時期のシロアリの羽アリは、イエシロアリと呼ばれる種類で、光に集まってくる習性があります。カーテンの隙間から漏れる光に集まって、窓のサッシを潜って家の中に入ってくることもあります。家の中で羽アリを見ても、家の中から発生しているとは限りませんので、まずは床下に入ってシロアリの侵入経路の調査を行い、発生原因の特定を行う必要があります。

福岡県北九州市八幡西区Y邸羽アリ駆除調査1
こちらのお客様宅は、台所に床下収納庫がありましたので、こちらから床下に入らせて頂きました。
そして、床下に入ると、早速シロアリの通り道を確認しました。

福岡県北九州市八幡西区Y邸羽アリ駆除調査2
これは蟻道(ギドウ)と呼ばれるシロアリの通り道です。シロアリが土や糞を運んできて道を作っているのですが、中がトンネル状になっていて、白蟻が地中にある巣と家の中とを行き来しています。

福岡県北九州市八幡西区Y邸羽アリ駆除調査3

別の場所でも蟻道を発見しました。

福岡県北九州市八幡西区Y邸羽アリ駆除調査4
蟻道を崩すと、トンネル状になっていてシロアリが行き来しているのが分かります。
頭が茶色いのが外敵から仲間を護る役割の兵蟻(ヘイギ)です。体全体が白い方が、木材を食べて仲間に餌を分け与える役割の職蟻(ショクギ)です。

調査結果の報告

イエシロアリの侵入により家の中から羽アリが発生していることがわかりました。調査時にデジタルカメラで撮影した写真をテレビ画面に写して現在の状況をご説明させて頂きました。

駆除方法のご提案

現在の状況をご説明した後に、駆除の方法をご提案させて頂きました。
駆除方法はシロアリの種類や建物の構造によって検討をする必要があります。
今回のお客様宅はイエシロアリによる被害で、建物も一般的な在来式の木造住宅で浴室を除いて床下で侵入ができない場所はありませんでした。
但し、天井で進入ができない場所があったため、ベイト工法による駆除をご提案しました。
ベイト工法は、確実に巣の駆除ができ、費用も抑えれるメリットがあります。
そして、どの場所に設置して、どれくらい工期がかかるのかをご説明しました。
こちらのお客様宅では、6月中にご依頼を頂いた場合には、通常3か月前後で駆除が完了する見込みです。
(ベイト工法について詳しくはこちら)

御見積書の提出

今回はしろありの窓口の専門スタッフが直接お伺いしたこともあり、2社のお見積りをお出ししました。
両社の金額の違いについてもご説明しました。

工事のご依頼

こちらのお客様は、アフターサービスが充実している方のシロアリ会社を選ばれました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしろありの窓口をフォローしよう!