福岡県春日市でのシロアリ被害は、
ヤマトシロアリとイエシロアリによる2種類が主です。

シロアリ駆除は、シロアリの種類によって方法が変わりますので、
もしも、シロアリ被害にあったなら、何のシロアリなのかを知る必要があります。

シロアリは数万匹以上の個体で生活をしており、
巣の規模がある程度大きくなると、
1年のある時期には羽アリとなって飛び立ちます、

もしも、羽アリが大量に発生したときは
シロアリ被害が疑われます。

早めにシロアリ業者にシロアリ調査を依頼して対策を検討しましょう。

ただ、「シロアリ駆除」というと、良いイメージをお持ちでない方も多くいます。

シロアリは気になるけど、
どこの業者を信頼して頼めば良いかわからない・・

「しろありの窓口」は、シロアリ駆除の資格と経験のある者が第三者の立場で相談に応じ、春日市で信頼できるシロアリ業者を紹介しています。

4コマ漫画_シロアリ相談編_650×542

専門スタッフによる無料相談
0120-905-655

※スマホの方は番号をタップすると通話できます。
しろありの窓口とは?
medeia_yoko_m

春日市のシロアリ駆除の相談

春日市でのシロアリ駆除の相談をいくつか紹介します。

広報「かすが」の広告を見て

福岡県春日市のシロアリ駆除
福岡県春日市の市政だより「市報かすが」2017年11月15日号に掲載した広告を見てシロアリ予防工事を検討しているとのお問合せです。
今回、春日市の市政だより広告を見てご依頼頂きましたお客様宅は築25年くらいになりますが、これまで2度ほどシロアリ予防工事はされたとのことです。
1度目の予防工事はメーカーさんの紹介で、2度目の予防工事は、「どこかは忘れたけど安かったから・・」とのことでした。
前回の工事から5年が過ぎているようなので、念のため、家にシロアリが侵入していないかの確認のため、現地調査を行います。

玄関・風呂場などの目視打診のシロアリ調査

春日市O邸シロアリ駆除調査写真
春日市O邸羽アリ調査写真

シロアリは建物の下から基礎や束などの立ち上がりに蟻道(ギドウ)と呼ばれる通り道を作って家に侵入をしてくるため床下に入ってシロアリの通り道やシロアリの被害がないかの確認を行う必要があります。
しかし、いきなり床下に入ると、自分がどこにいるのか、どこを優先して念入りに見るべきなのか全くわからないため行き当たりばったりの調査になってしまいます。
ですので、初めにシロアリ調査は建物の全体を把握するために土間や水回りの位置など間取り確認や袖壁がないか雨漏りが疑われる場所がないか、基礎のクラックがないか、外基礎からのシロアリの侵入がないかなど外観からの確認を行います。また、床下からの確認ができない玄関土間や在来浴室の見えがかりを目視・触診・打診を行い調査していきます。

床下のシロアリ調査

春日市O邸シロアリ駆除調査写真
春日市O邸羽アリ調査写真

 
その後、床下へは畳の部屋か床下収納庫から入ります。こちらのお客様宅は台所の床下収納庫から床下に入りました。
ツーバイフォーの造りですが、シートで木部が見えない状態になっていました。主に基礎の立ち上がりに蟻道がないかを確認していっています。
また、施工時に処理ができない箇所もないかを確認します。

春日市O邸シロアリ駆除調査写真
春日市O邸羽アリ調査写真

 
ちなみに、これは以前の業者さんが処理をした跡なのですが、何故ここに穿孔したのかがわかりません。左側の写真は、なんと、人通口に対して平行している木材に対して接触している横架材の木口面からドリルで穿孔していますし、右側の写真もとても意味を成している処理とは思えませんでした。
こちらのお客様宅はツーバイフォーで床下木部がシートで覆われてほとんど見えない造りなので、手持ち無沙汰でドリルで穴をあけたのではないかと思うのですが・・逆に木材を痛めつけているだけに思えます。

シロアリ工事には法律的な決まりがないのですが、現在は全国的に日本しろあり対策協会の考え方がベーシックとなっていて、しろあり対策協会が発行する防除作業標準仕様書というのがあります。「木部処理、土壌処理では薬剤はこれくらい散布しましょう。安全に気を付けて作業しましょう。」という大まかなことがマニュアルとしてありますが、
実際には、現場現場で建物の造りは違うので、
その家でシロアリが侵入しやすい場所を想定したり、
仮にシロアリが土壌処理のバリアを通過して侵入した場合にどのような道を作っていく可能性が高いだろうか、どこで侵入を止めれるだろうか・・
というのを施工を担当する防除士が知識や現場経験などを踏まえて木材処理を行っていきます。
ところが、このように木材穿孔が必要なくても「ポーズ」のために、目の前に木があったから穴をあけるという施工者もいます。

幸い、シロアリの侵入はありませんでした。

シロアリ業者の重要な要素
専門スタッフによる無料相談
0120-905-655

※スマホの方は番号をタップすると通話できます。
しろありの窓口とは?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしろありの窓口をフォローしよう!